三重県四日市市にある社会福祉法人ひよこ会の【ことり保育園】です。

ことり保育園の保育方針


保 育 方 針

ひよこ会の子ども像

  • 自分の要求をしっかりと持ち出せる子ども
  • 健康で生き生きと遊べる子ども
  • 豊かな感性と表現力を持った子ども
  • 仲間を大切にし、思いやりのある子ども
  • 自然に親しみ、自然を愛する子ども

各年齢の子ども像

  • 5歳児 ・すすんで友だちと遊ぶ子ども ・よく考え作り出す子ども
  • 4歳児 ・仲良く遊べる子ども ・何でもやろうとする子ども
  • 3歳児 ・よく遊ぶ子ども ・自分のことは、自分でしようとする子ども
  • 2歳児 ・友だちの中でのびのびと遊ぶ子ども
  • 1歳児 ・見守られていきいきと遊ぶ子ども
  • 0歳児 ・みんなに愛されてすこやかに育つ子ども

食の子ども像

  • 食欲があり、食べることを楽しむ子どもに
  • 自分の健康にとって望ましい物を選んで食べられるように

 

2019年度  ことり保育園のテーマは…「支え合う・育ち合う・笑い合う みんながいれば大丈夫」

♪小さな鳥が歌っているよ  ぼくらに朝がおとずれたよ と

昨日と違う朝日が昇る  今日から何もかもが新しい 

はじめの一歩 明日に一歩  勇気をもって大きく一歩  歩き出せ ♪ 

 入園式にみんなで歌った「はじめの一歩」という曲。この歌のように、2017年の6月、ことり保育園は、ひよこ・こっこ保育園、地域、たくさん方の応援や見守りの中、32名の園児と共に、開園しました。それから三年目の春、13名の新入園児を迎え、全78名の園児と保護者と無事迎えられたことに心から感謝してます。
 ひよこ会は人との繋がりをとても大事に楽しむ保育園です。
人は人とつながる中で心を温かく育みます。人を頼り、甘え、支え合い生きる中で繋がりはより安心へと深まっていきます。一人じゃない、みんながいる、その仲間への信頼が一人ひとりの笑顔となり、自分らしさを輝かせていきます。仲間と好きなことを存分に楽しみ、笑い合えることは生きる元気に繋がります。
二年目、保護者役員会では「2年目だからこそ、新入児、保護者との交流、絆を深め、ゆっくりみんなの思いを大切に、ことりの輪(和)を創っていきたい」と話され、その言葉をうけて保育テーマを『みんな笑顔でつながろう』としました。
そして三年目、保護者役員会では「ことりが地域にもっと受け入れてもらえるように地域のごみ拾いとか考えていきたい」と話してくれました。ここまで思ってくれる保護者会は園の誇りだなと思います。ことりの子どもたちがこれからももっと地域の人々に愛されること大切に願っていきたいですね。
地域の中にできた大きな森『ことり保育園』。空をみあげ、風を感じ、木の温もりを力に、『支え合う 育ちあう 笑い合う』、このテーマのように、大人も子どもも人の温もりを感じ合い育ちあっていきたと思います。そして誰も大切にされ、大人も子どもも生きやすい社会となっていくように私たちは大人(社会人)として、未来を創る子どもたちをみんなで守り、一緒に子育てを楽しんでいきましょう。

≪各クラスで具体的に保育テーマを決め一年間保育に取り組んでいきます≫

かるがも(0歳児)

『子どもが抱く“○○したい!”の願いを一緒に感じよう~どんな悩んでも大丈夫~

あひる(1歳児)

『いごこちのいい大人や仲間の中で思いをたっぷり出そう』~イヤイヤを一緒に楽しもう~

すずめ(2歳児) 

『自分ってすごい!大切にされている安心感の中で心の根っこを太らせよう』

ひばり(3.歳児) 

『自分の思いをいっぱい表現しよう』~その子らしくのびのびと~

つばめ・おおたか(4・5歳児)

『大好きな自分をたくさんみつけよう』~仲間と共に~